放っておくと危険!加齢にともなう「目の疲れ」

コラム・心地よいわたし

ドライアイや疲れ目、老眼など...。40代の働く女性の中には、目の衰えを感じ始めている人も多いのではないでしょうか。髪に白髪が混じるように、年とともに目も老化が進み、さまざまな機能が衰えてきます。

加齢に伴い発症する目の病気は意外に多く、そのまま放っておくと失明してしまうこともあります。目の病気の種類や、健康な状態を保つためのアイケアの方法について、医療・美容を多く手掛ける編集者/ライターのライラさんに解説していただきました。



【PROFILE】

ライラ.jpg



ライラさん(40歳)

医療・美容を多く手がける編集者/ライター。気になった健康法は試さないと気がすまない性質。「ストレスを明日に持ち越さない」をモットーに、日々体を動かすことを欠かさない。最近、ボルダリングに目覚めた。

目のアンチエイジングケア、していますか?

なじみのカフェで原稿を執筆していたライラさん。休憩しようとパソコンから顔を上げると、オーナーのめぐみさんが、雑誌を両手に持って目を離したり近づけたり...奮闘している様子です。

ライラさん 「めぐみさん、どうしたの?」

めぐみさん 「最近、ちょっと細かい字が見えづらくて...。そろそろ老眼かしらね」

ライラさん 「目の状態で、ほかに気になることはある?」

めぐみさん 「長時間パソコンを見ていると目が疲れたり、乾いてゴロゴロしてきたりするわね」

ライラさん 「加齢で目の機能が衰えることによって、さまざまな目の病気が発症する可能性があるから、油断は禁物よ。老眼だけでなく、白内障や緑内障など、さまざまな目の病気があって、放置すると失明する危険性もあるの」

めぐみさん 「えー!?それは怖いわね...」

ライラさん 「目の老化は避けられないけど、なるべく目に負担をかけないようケアすることはできるわ。老化による目の病気やケア方法について、特別講義をしましょうか!」



40代なら知っておくべき、加齢による目の病気

ライラ.jpg

角膜や結膜、瞳孔、視神経、まぶたなど、目の老化現象はあらゆる組織において進み、目の病気へとつながっていくのよ。加齢による代表的な目の病気とその初期症状、早期の対策方法、病院に行く目安について解説するわね。



白内障

40代からの「目の疲れ」01.jpeg

白内障は、たんぱく質の変性によって、水晶体が白く濁ってしまうことで発症する病気よ。代表的な症状としては、物がぼやけて見えたり、視界がかすんだり、夜間に光がまぶしく見えたりすることが挙げられるわ。
白内障の原因の多くは、加齢によるものといわれているの。治療法として、濁った水晶体を取り除き、新たな眼内レンズを入れる手術があり、最近は、日帰りで手術を行うことができる施設も増えているわ。



緑内障

視神経が圧迫されることで発症するのが緑内障よ。視神経とは、網膜から送られてきた映像を、脳へ視覚情報として伝える組織のこと。角膜と水晶体のあいだを満たす「房水」という液体が作られる量と、排出される量に乱れが生じた場合、眼圧が高くなり視神経を傷めてしまうわ。緑内障になると、視野がだんだん狭くなり、見えない部分が増えていくの。症状が進むと失明してしまうこともあるから、注意が必要よ。

緑内障は、自覚症状が出にくいのが難点。「最近、目が見えづらいな」と感じたら、すぐに病院で相談してみて。残念ながら、緑内障を完全に治すことはできないけれど、視神経の障害をこれ以上進めないために、治療を行うことはできるわ。



加齢黄斑変性

眼底に広がる網膜の中心部には、黄斑と呼ばれる組織があるの。この黄斑に異常が起きて、物が歪んで見えたり、見えづらくなったりするのが加齢黄斑変性よ。

加齢黄斑変性の早期発見に役立つのが、「アムスラーチャート」と呼ばれる格子状の図よ。30cmほど離れた場所から、片目ずつ中心点を見つめたときに、チャートの線が歪んだり、中心部が暗く見えたりしたら加齢黄斑変性の疑いがあるわ。症状を進行させないためには、早期治療と生活習慣の見直しが大切。紫外線から目をガードするなど、目に負担をかけない生活を心掛けてね。



老眼

40代からの「目の疲れ」02.jpeg

加齢による症状で一番多いのが、老眼よ。水晶体の弾力が失われたり、水晶体の厚みを調節する毛様体筋の筋力が低下したりして、近くの物が見えづらくなるの。見えづらい状態が続くと、肩こりや目の疲れ、頭痛にもつながるといわれているわ。

「ちょっと見えづらいけれど、老眼鏡はまだかけなくても大丈夫」なんて我慢していると、眼精疲労の原因になってしまうことも。まずは視力に合う老眼鏡を手に入れて、年齢を重ねてもクリアな視界を手に入れたいわね。視力に合っていないと目が疲れてしまうから、2〜3年ごとに視力検査を受け直すことも忘れずに!



ドライアイ

涙の量が不足したり、涙の外側にある油の層が少なくなったりすると、目の表面が傷付きやすくなるの。そのせいで、目がかすんだり、疲れたりするのがドライアイよ。パソコンやスマートフォンを長時間使うことが原因で、ドライアイになる人も増えているようね。

ドライアイの治療方法としては、点眼薬が一般的。眼科に相談して、処方してもらってね。そのほかの治療法として、涙の出口である涙点に栓をする治療や、保湿メガネを着用するという方法も効果的といわれているわ。日常生活での予防としては、ほうれん草やブロッコリーなど、ルテインが含まれる食材をとるのがおすすめよ!



加齢による見えづらさ=老眼とは限らない

ライラ.jpg

目の見えづらさは、急速には進行しないもの。そのため、「40歳を超えたし、老眼が始まったのかも」なんて軽く考えてしてしまう人も多いわ。
でも、見えづらさの陰に、実は目の病気が隠れていることも多いの。病気の予防や早期発見のためにも、40歳を過ぎたら定期的に眼科検診に行くようにしましょうね!

RELATED ARTICLE関連記事

WHAT'S NEW新着記事

    CATEGORYカテゴリー