この育毛剤、私に合っている?――その効果の見極め時

コラム・心地よいわたし

分け目や生え際、つむじが気になる...40代以降の女性は、髪のボリュームが失われたり、スタイルがなかなか決まらなくなったりと、髪の悩みが増えるという話をよく聞きます。そこで、使用しようと思う方が増えるのが育毛剤。現在では、女性用の育毛剤もさまざまな種類が登場しています。しかし、使い始めてすぐに髪の毛が生えてくるわけではないため、「今使っている育毛剤は自分に合っているのかしら...」「いつになったら効果が現れるの...」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自身も髪のトラブルを抱えるダイアナさんが、育毛治療を手掛ける皮膚科医の上島朋子(かみしま ともこ)先生に、育毛剤との上手な付き合い方についてお伺いしました。



【PROFILE】

ダイアナ.jpg



ダイアナさん(51歳)

更年期をテーマにした記事を多く手掛け、さまざまな女性の悩みにも耳を傾けてきた医療ジャーナリスト。趣味はジャズ鑑賞、乗馬。安らぎのひと時は、なじみのカフェでお茶をすること。

この育毛剤、私に合っている?

学生時代からの友人のケイコさんとの女子会ディナーに出かけたダイアナさん。昔からおしゃれ番長だったケイコさんは、メイクもファッションも今日もさすがにばっちり...と思いながら、「あれ?」。思わず頭頂部に目が。

ケイコさん 「あ...今、頭見てたでしょ」

ダイアナさん 「えーっと。ごめん。目線って、わかるもんだね」

ケイコさん 「容赦ないなぁ。でも、そうなのよ。薄くなってきた実感があって。実はちょっと前から育毛剤デビューしちゃった」

ダイアナさん 「私もちょうどそろそろ...と思っていたところ。育毛剤使っている人って結構いるわよね。それで、効果はどう?」

ケイコさん 「2~3ヵ月使っているけど、正直効果がわからないの。このまま使い続けるべきかどうか、いつまで様子を見ればいいのかわからないし、モチベーションがキープできなくなってきたかも」

ダイアナさん 「確かに、効果の見極めはわかりにくいわよね。ちょうど皮膚科医の上島朋子先生という方とお会いする機会があるので、そのあたりのことを伺ってくるわね!」

育毛剤、どうしてすぐには効かないの?

ダイアナ.jpg

「まずは2週間!」なんてシャンプーのキャッチフレーズを耳にするけれど、実際のところ、育毛剤の効果はどれくらいで感じられるものなのかしら?せっかく育毛ケアを始めたのに、変わらず抜け続ける髪にガッカリしてくじけそうに...なんて経験をした人もいるはず。 では上島先生、どうして育毛剤を使ってもすぐに髪が生えないのでしょうか?



上島先生 「なかなか効果が出ないことにがっかりする必要はありませんよ。まず、髪には成長するサイクルがあって、『成長する』→『抜ける準備をする(抜ける)』→『休む』→『また成長する』というサイクルを繰り返しています。ですので、ある程度抜けていくのは自然なこと。それに、育毛ケアを始める前から抜ける準備に入っていた髪は、予定どおり抜けていくので、すぐに変化が見られないのは当然のことなんですよ」

なるほど、「もう抜けます!」という準備段階に入った髪を抜けないようにすることはできないそう。しばらくは同じようなペースで抜けていっても、あせらなくていいみたいよ。 薄毛になっていくのは、生えてくる髪と抜けていく髪のバランスが崩れるから。「成長する」時期が短くなり、「抜ける」「休む」の時期が長くなると、本数はどんどん減っていくの。毛周期のどのステージにいるかは髪1本1本で異なるから、育毛剤の効果を実感するまでに時間がかかるのは仕方がないというわけね。

育毛_記事用.jpg

育毛剤なら6ヵ月は様子を見て

ダイアナ.jpg

でも、どれくらい育毛剤を使用すべきか目安がないまま、効果が出るのを待ち続けるのはつらいわよね。もちろん個人差はあるけれど、その育毛剤が自分に合っているのかを見極める時期の目安について、上島先生にずばり聞いてみたところ、「6ヵ月を目処に」という回答が。

でも、先生が育毛治療の経過を診ている中では、2~3ヵ月で変化を感じるようになる方が多いそうよ。診察用のルーペで見ると、1つの毛穴から出ている髪の状態が変わるんですって。

本来、毛周期が健全な状態では、1つの毛穴から太い毛が1本と、細めの髪が2本くらい生えているのが、薄毛の方の場合は1つの毛穴から細い毛が1本生えているのみ。1本しか生えていない毛穴と、2~3本生えている毛穴の割合が、育毛ケアが効いてくると変わってくるとのこと。でもこの変化、医師が診察用のルーペでチェックするからわかるけど、本人は無自覚なことが多いそう。

3.jpg

上島先生 「そういえば、ちょっとボリュームがアップしたかも...くらいの変化を感じている方もいらっしゃいますが、『えー、本当ですか?』とまったく気付いていない方は少なくありません。ご本人が目視で実感するほどの変化が訪れるのは、その後なんですよね。そこを乗り越えずにやめてしまうのは、本当にもったいないことです。ですので、育毛剤を使う場合は、6ヵ月は様子を見てほしいです」

育毛剤に、合う・合わないはある

ダイアナ.jpg

肌に使う化粧品に合う・合わないがあるように、残念ながら育毛剤にも相性があるのは事実。6ヵ月使ってみて、スタイリングのしやすさや頭皮の透け感、ボリューム感などに何の変化もなければ、ほかの育毛剤を検討したほうが良さそうよ。

1種類や2種類で効かなくても、「自分は育毛剤が効かない」なんて思う必要はないの。有効成分にもさまざまな物があるし、各社が多様な製品を販売しているので、「私にはこれだった」という物に出会えるチャンスはあるわ。まずは6ヵ月間、毎日欠かさず育毛剤をつけるのが鉄則だそうよ。

もちろん、医療機関での治療も選択肢のひとつ。髪の毛の「元」を作る、毛根の「バルジ領域」という部分へアプローチする研究が進んでいるし、髪の毛周期を整える治療も人気よ。

上島先生曰く、「ちょっと薄くなってきたかな?」という初期の段階からケアを始めると効果が出やすいそう。おしゃれを楽しむためにも、薄毛の悩みには目をつぶらず、ケアしたいわね!



お話を伺ったのは...

上島先生_基本R.jpg

皮膚科医 上島朋子(かみしま ともこ)先生

東京ミッドタウン皮膚科形成外科クリニック ノアージュ院長。育毛治療やシミ、シワたるみへの治療などを手掛ける。その方の「健康的な美しさを引き出す」がモットー。

RELATED ARTICLE関連記事

WHAT'S NEW新着記事

    CATEGORYカテゴリー