閉経の前兆はどう判断する?

コラム・心地よいわたし

「更年期を迎えて月経不順が出てきたら、一度婦人科で相談してほしい」というのが、多くの婦人科医の意見のようです。しかし、「今月はたまたま来なかっただけ」「年齢的に閉経するにはまだ早い」などと思って、やりすごしてしまう女性は少なくないようです。では、女性が閉経を迎えるのはどういうタイミングなのでしょうか。さらに、その前兆とは...?
更年期症状とも関連性が深いという閉経について、ダイアナさんに解説してもらいましょう。



【PROFILE】

ダイアナ.jpg



ダイアナさん(51歳)

更年期をテーマにした記事を多く手掛け、さまざまな女性の悩みにも耳を傾けてきた医療ジャーナリスト。趣味はジャズ鑑賞、乗馬。安らぎのひと時は、なじみのカフェでお茶をすること。

気が付けば数ヵ月来ていない...もしかして閉経!?

新しい企画について、気心知れた編集者のアイさんと打ち合わせをしていたダイアナさん。すると、スケジュールの確認のため手帳を見ていたアイさんの表情が優れないことに気付きました。

ダイアナさん 「なんだか浮かない顔ね。どこか具合でも悪いの?」

アイさん 「そうじゃないんですが...今月も生理が来てないなと思って、ちょっと心配なんです」

ダイアナさん 「あら。今月も...ってことは、先月も来なかったのかしら?」

アイさん 「実は、この1年ほど来たり来なかったりを繰り返しているんです。来ても昔より量も少なく、期間も短くて。まぁ私も40代後半だし、年をとればいろいろあるよなと思うんですけどね」

ダイアナさん 「ダメよ、アイさん。それは若いときのような生理不順じゃなくて、もしかしたら、閉経に向かっているサインかもしれないわ。ここで閉経について教えてあげるわよ!」

閉経とはどういうもの?

ダイアナ.jpg

女性にとって、生理は初潮を迎えて以降、毎月やってくるのが当たり前よね。けれども、年齢を重ねると、誰もがやがて閉経を迎えます。これは、卵巣の機能が徐々に消失することで起こるもの。ただ、生理が来なくなった時点で診断するのは難しいため、医学の世界では最終月経から1年以上生理がない状態が続いたら閉経と判定しているの。その時期は更年期と呼ばれる時期とだいたい同じ45〜55歳が多く、40歳台前半から50歳台後半までと個人差はあるけれど、日本人の平均閉経年齢は約50歳といわれているのよ。

<こちらもCHECK>
「更年期」って、いつ、どのように訪れるの?

heikeinozentyou_01.jpeg

閉経の前兆ってあるの?

ダイアナ.jpg

誰もがやがて迎える閉経だけど、そこに至る経過は人によってさまざまで、一概にこうとはいえないわ。とはいえ、多くの人が経験するパターンというものがあるので、参考までに紹介するわね。



1 月経周期が短くなる

更年期を迎えると、それまで通常だと25〜38日周期で訪れていた生理が早くくるようになるわ。それと同時に月経量が少なく、生理が続く日数も短くなるという現象が見られるようよ。

2 少ない量がダラダラと長く続くようになる

卵巣機能の低下によってホルモンバランスが崩れたことで、月経の周期が短い・長いにかかわらず、少ない量の生理が8日以上続くようになることがあるわ。長い人だと2週間〜1ヵ月続くケースもあるのよ。

3 月経周期が長くなる

続いて見られるのが、生理の周期が2ヵ月に1度、3ヵ月に1度...と長くなっていく状態。ここで「更年期だから」と自己判断しないように!何らかの病気による不正出血の可能性もあるので、一度婦人科に相談しましょうね。

こういった出来事を経て、最終の月経開始日から1年以上生理が来なかったら閉経と診断されるのね。ただ、こうした月経の変化はあくまでも一例。

閉経の前兆としては、上記のほかにも、

・経血の色が茶色や黒っぽい色になる
・おりものの量が少なくなる
・基礎体温の変動期がなくなる

といったことも挙げられるわ。

heikeinozentyou_02.jpeg

更年期だからこそ、体のチェックを怠らないで

ダイアナ.jpg

閉経は女性の体にとって大きな節目。生理がなくなるだけでなく、閉経後は、エストロゲンの減少によって皮膚や粘膜の乾燥が進行したり、血管が弱くなるので心血管系の疾患になりやすくなったり、骨密度が低下するので骨粗しょう症のリスクが高まったりするの。

でも、これらは閉経したから起こるものではないのよ。女性の体内は30代半ばを過ぎたあたりから少しずつ変化し始めるわ。特にホルモンバランスが崩れる更年期を迎えたら、ちょっとした不調も見逃さないようにするのが大切。そこできちんと対処、解決しておけば、必要以上におそれることはないのよ。

<こちらもCHECK>
更年期障害――病院に行くかどうかのボーダーラインとは?
HRTで行う更年期障害治療――ホルモンを補充することで諸症状を改善


女性の中には、閉経を迎えるのに抵抗感があるという人も、少なからずいるでしょう。実際、私もそうだったわ。でも閉経すれば、長年にわたって毎月わずらわしく思っていた生理時の不快感や生理痛からも解放されるじゃない?閉経後の体の変化をしっかり把握して、「第2の人生」を楽しく、すこやかに過ごしましょうよ!

RELATED ARTICLE関連記事

WHAT'S NEW新着記事

    CATEGORYカテゴリー