インプラントやブリッジ...失った歯を補う方法、最適なのはどれ?

むし歯、または歯周病になってしまった場合、最近はできるだけ自分の歯を残す治療が主流ですが、やむなく抜歯をした場合、全身の健康を維持するためにできるだけ早く代わりの歯を補ってあげることが大切です。
ここでは、歯を失った際の治療法として代表的な「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」の3つを取り上げ、それぞれの治療の概要とメリット・デメリットについてご紹介します。

<こちらもCHECK>
歯を失うとどうなる?放置することによるさまざまな影響

ブリッジ:歯を連結させる被せ物を取り付ける治療法

ブリッジとは、失った歯とその両隣にある歯を連結させる被せ物を作り、橋を渡すような形で取り付けて、失った歯を補う治療法です。失った歯が多すぎる場合や、支えとなる歯に問題があったり不足していたりする場合は行えません。

01bridge.jpg

なお、保険治療の場合は使える素材が限定的で、奥歯などは銀歯になります。見た目にこだわる人は、予算と相談の上、自費診療を検討することをおすすめします。


ブリッジのメリット

ブリッジは、セラミックなど天然歯に近い見た目の白い被せ物を除いて、基本的には保険治療が可能です。治療期間も短く、何度も通院する必要がありません。
治療費をできるだけ抑えたい場合は、ブリッジが第一の選択肢になるでしょう。天然の歯と同じとまでとはいきませんが、ある程度は安定感と噛み心地を取り戻すことができます。


ブリッジのデメリット

ブリッジの一番のデメリットは、失った歯の両隣を土台にするため、健康な歯を削らなくてはならないことです。削ることと支えることによって、健康な歯に少なからず負担がかかり、寿命が短くなります。
また、ブリッジと歯肉のあいだに食べ物が挟まりやすく、それらの磨き残しから虫歯や歯周病のリスクが高まることもあるでしょう。

入れ歯:人工の歯を固定して補う治療法

入れ歯は、歯を数本単位で失った場合に、連結した人工の歯を固定して補う方法です。全部の歯がない場合の「総入れ歯」と、部分的にない場合の「部分入れ歯」があり、いずれも取り外して洗浄などのケアをします。
入れ歯には、保険治療と自費治療があります。保険治療は費用が安いものの、使用できる素材が限られ、耐久性や見た目に課題があります。慣れるまで違和感を覚えることも多いでしょう。

一方、自費治療はさまざまな素材から自分に合ったものを選べて、違和感もあまりありません。持ちも良く、機能性や審美面も優れていますが、高額で作製に手間がかかる点には注意が必要です。


入れ歯のメリット

入れ歯ならブリッジでは対応できない、3本以上歯がないケースでも対応が可能です。また、ブリッジは一度つけると自分で外すことはできませんが、義歯なら取り外して洗えるため、清潔に保つことができます。外科処置もないため、体に負担もかかりません。
アレルギーに配慮した物や、バネ部分が目立たない物、安定性の良い物など、自費診療の義歯を含めるとバリエーションが豊富で、自分に合うタイプを追求できます。


入れ歯のデメリット

保険診療の場合、見た目や安定感に限界があり、違和感を覚える人も。総入れ歯はどうしても厚みが出るため、食べ物の温度を感じにくくなり、料理の味わいが変わる可能性もあります。
また、部分入れ歯の場合、歯をギュッと噛みしめた拍子に外れやすいほか、入れ歯を固定する歯がダメージを受け、健康な歯の寿命を縮めてしまう場合があります。

インプラント:人工歯根を埋め込み、人工歯の被せ物を装着する治療法

インプラントは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯の被せ物を装着する治療法です。外科治療を行うため、糖尿病や高血圧、心臓病などの基礎疾患がある人のほか、骨の状態や口内環境が良くない人は、インプラントを行えないことがあります。

02_B_inplant.jpg


インプラントのメリット

インプラントは、天然の歯の構造に最も近く、人工歯根をしっかりと固定できるため、安定感が抜群で見た目も自然です。食べ物の噛み心地も歯を失う前とほぼ変わりないので、違和感なく食事を楽しむことができるでしょう。噛み合わせが崩れないことや、審美性に優れていて自信を持って笑えることも、インプラントならではのメリットです。
また、ブリッジや入れ歯と違い、周りの歯に影響を及ぼすこともありません。将来的に、歯科治療が必要になる歯を増やしたくない人にもおすすめの治療法です。


インプラントのデメリット

インプラントは全額自費治療で、治療費が高額です。事前のCT検査などで「顎の骨が少ない」「顎の骨が薄い」と診断された場合、先に骨組織を再生する治療を行うため、治療期間が長期化して金額も高くなるでしょう。

早めに歯科クリニックに相談して、自分に合う治療法を見つけよう

今回ご紹介したブリッジ、入れ歯、インプラントには、それぞれメリットとデメリットがあります。ベストな治療は人によって異なりますので、失った歯を補う上で譲れない条件をいくつかピックアップし、予算と併せて検討するといいでしょう。
歯科クリニックでは、治療前に検査とカウンセリングを行って治療方針を検討します。信頼できる歯科クリニックで、ご自身の希望に沿った治療について相談しましょう。



この記事を監修したのは...
大西 孝宣(おおにし たかのり)歯科医師

210406_デンタル写真DSC_0253_edit01-min.jpg

東京ミッドタウンデンタルクリニック
大江戸線「六本木駅」直結の歯科「東京ミッドタウンデンタルクリニック」。 むし歯、歯周病などの一般歯科診療から、矯正、インプラント、麻酔、口腔外科など、国内外で専門技術を磨いた医師が、患者様お一人おひとりにあった施術を提供しています。 治療は半個室、個室で対応。患者様が快適に過ごせる空間を創り上げ、リラックスできる環境で治療を受けていただくよう取り組んでいます。


※掲載している情報は、記事公開時点のものです。
ヘルスケア
この記事をシェアする

この記事は、働く女性の医療メディア
ILACY(アイラシイ)の提供です。

“おすすめ記事recommended

はじめよう!フェムケア

CATEGORYカテゴリー