閉経後の不正出血を見逃さないで!子宮体がんの特徴とは?

withドクターズ

女性特有のがんのひとつである「子宮体がん」は、エストロゲンと密接な関わりがあり、50代以降に増え始めるがんといわれています。けれども、子宮頸がんに比べ、子宮体がんはあまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。
子宮体がんの発見のポイントとなるのは、不正出血。特に、閉経後に起きる不正出血には注意が必要とのことで、ILACY(アイラシイ)世代にとっては見逃せないところです。

そこで今回は、子宮体がんとはどのような病気なのか、その症状やなりやすい人の特徴、心掛けたい予防法などについて、浜松町ハマサイトクリニックの医師・吉形玲美先生に教えていただきました。

子宮体がんと子宮頸がんはまったく別もの

――「子宮体がん」というのは、聞き慣れない人も多いと思うのですが、どんな病気なのでしょうか?

子宮体がんとは、子宮体部に発生するがんです。よく子宮頸がんと混同されるのですが、子宮頸がんが発生するのは子宮の入り口(頸部)。子宮体がんと子宮頸がんはまったく別の病気であることを、まずは知っていただきたいです。

自治体で行われる「子宮がん検診」は一般に、「子宮頸がん」の検診であって、子宮体がんの検診は含まれないことも知っておいていただきたいですね。

子宮体がんと子宮頸がんとでは、発生する場所のほか、原因や進行具合、なりやすい世代も異なります。

【子宮体がん】
発生場所:子宮体部
原因:おもにエストロゲンの作用が影響 
なりやすい世代:閉経前後の40代後半から増加し始め、50~60代にピークを迎える

unnamed (1).jpg

【子宮頸がん】
発生場所:子宮頚部
原因:おもにHPV(ヒトパピローマウィルス)感染から一部が前がん病変に移行し、さらにその一部ががん化
なりやすい世代:20代後半から増え始め、40代が最も多い

<こちらもCHECK>
子宮頸がんとは?――検診・検査が必要な40代以降の女性特有の病気

01.jpeg

――子宮体がんの罹患率が高まる世代はエストロゲンが減少する時期と重なりますが、エストロゲンの影響によって子宮体がんが発生するのはなぜでしょうか?

エストロゲンには子宮内膜を増殖する働きがあります。一方、もうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)にはそれを抑制する働きがあり、通常であればこれらが定期的に分泌されることで月経が起こります。

けれども、閉経などによって排卵が行われなくなると、プロゲステロンの分泌が極端に減少します。更年期にはエストロゲンも減少するのですが、それ以上にプロゲステロンの働きが弱まるため、結果的にエストロゲンが優位になってしまうんです。そうすると、子宮内膜が異常に増殖して、子宮体がんが発生すると考えられています。こうした現象が起こりやすくなるのが閉経後で、罹患者が50~60代にピークを迎えるのはこのため。

一方、若い世代でも極端な月経不順は子宮体がんのリスクが高まりますし、糖尿病や高血圧などメタボの方も注意が必要ですね。

――閉経のほか、子宮体がんのリスクが高くなるケースはありますか?

隠れ肥満も含め、肥満の方は注意が必要です。なぜかというと、エストロゲンは脂肪細胞からも産生されているため。閉経していたとしても、脂肪細胞が多いとエストロゲンの作用が子宮に影響し、子宮の内膜がどんどん厚くなってしまうことで子宮体がんのリスクが高まってしまうのです。動物性脂肪のとりすぎがリスクとなる乳がん、大腸がんになったご家族がいる場合も注意が必要です。

同様に、妊娠や出産経験のない人や、それらが少ない人も、リスクが高いといえます。通常、授乳中はエストロゲンの分泌が停止しているのですが、そういった期間がない場合、常に子宮はエストロゲンの影響を受けている状態にあるため、それが子宮体がんのリスクにつながってしまいます。

<子宮がんになるリスクが高い人の特徴>
・肥満
・妊娠、出産経験がない、もしくは少ない
・閉経年齢が遅い
・糖尿病
・高血圧
・乳がん、大腸がんになった家族がいる

――更年期障害の治療にHRT(ホルモン補充療法)を行っていたり、エストロゲンと似た働きを持つエクオール含有サプリメントを飲用していたりする場合、子宮体がんのリスクが高まるといったこともあるのでしょうか?

エクオールは、子宮内膜への影響は少ないことが知られており、通常量のサプリメント摂取であれば心配はありません。HRTの場合も、子宮体がんの予防としてエストロゲンといっしょに黄体ホルモンを使用しますので、基本的には心配いりませんが、ときどき子宮の内膜が厚くなってくる人もいます。乳がんの手術をした後などにホルモン剤(タモキシフェン)を内服している場合も、やはり子宮の内膜が厚くなる傾向がありますから、定期的な検診は必要だと思います。

_MG_8810.jpg

閉経後の不正出血を見逃さないで

――子宮体がんの初期症状にはどういったものがありますか?

子宮体がんの自覚症状は、閉経後の場合、比較的初期の段階で不正出血として現れることが多いのですが、閉経前は、先ほどお伝えしたように、極端な月経不順や無月経に要注意です。

また、更年期世代の閉経前後はホルモンバランスの乱れによる不正出血も増えるので、区別がつきにくくなります。そのため、自己判断をせず気になる症状があったらすぐに婦人科での診察を受けてください

――子宮体がんと診断された場合、治療はどのように行われるのでしょうか?

基本的には手術で、子宮と卵巣、卵管を取ります。進行の度合いによってリンパ節を取ることもあります。リンパ節まで取った場合は、術後の抗がん剤治療が必要となる場合もあります。

――子宮や卵巣、卵管を温存する方法はありませんか?

がんの進行状態にもよりますので、明らかに生命リスクが高い場合は手術を勧めますが、病期がごく初期で、なおかつ今後妊娠を希望しているような若年の場合は、エストロゲンを抑制する黄体ホルモンを使った治療を行うこともありますよ。

日頃から検診を受けることが最大の予防に

――子宮体がんにならないためには、日頃からどんなことに気を付ければいいでしょうか?

すべての病気に共通していえることですが、まずは肥満に注意すること。それから、規則正しい生活やバランスのとれた食事、特に肉類の動物性脂質の摂りすぎに気をつけましょう。さらに適度な運動も加えて、生活習慣病にならないようにしてください。

――子宮体がんの検査はどういったものですか?

まず経腟超音波検査(エコー検査)で子宮内膜の状態を確認します。これは、不正出血で受診された方に必ず行う診察のひとつでもあります。

次に、子宮内膜細胞診検査を行います。こちらは医師と相談しながら受けていただきたい検査ですね。

――それはなぜでしょうか?

子宮内膜細胞診検査では、子宮内部の細胞を採取するために子宮口から細い管を入れるのですが、子宮内部というのは無菌状態なんです。そこに、もちろんきちんと消毒してあるとはいえ、外界からの器具を入れるので、感染のリスクがゼロとはいえません

また、検査の際はほとんどの方が出血するのに加え、それなりの痛みも伴います。特に、妊娠の経験がない方、閉経から時間が経っている方は、子宮の入り口が狭い、あるいは閉じてしまい、検査自体ができないこともあります。

そのため、子宮頸がんのように手軽に受けられる検査ではないことは知っておいていただいたほうがいいですね。その上で検査を受けるという場合は、設備や診療体制などが整った医療機関での検査をおすすめします。

――なるほど。子宮内膜細胞診検査をする前に、まずは定期的なエコー検査を受けることが予防の第一歩になるんですね。

そうですね。エコー検査であっても子宮体がんの予兆を発見することは可能です。そのため、定期検診では必ず受けていただきたいですし、不正出血があった際はすぐに受診していただくことで、早期発見につながると思います。


レミ先生の診察を受けられる施設はこちら
浜松町ハマサイトクリニック
東京ミッドタウンクリニック
セラヴィ新橋クリニック


SUPERVISERこの記事を監修した人

吉形先生

PROFILE

吉形 玲美 (よしかたれみ) 医師

医学博士/日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
専門分野:婦人科

1997年東京女子医科大学医学部卒業
臨床の現場で婦人科腫瘍手術をはじめ、産婦人科一般診療を手掛ける傍ら、女性医療・更年期医療の様々な臨床研究に携わる。女性予防医療を広めたいという思いから、2010年より浜松町ハマサイトクリニックに院長として着任。現在は同院婦人科専門医として診療のほか、多施設で予防医療研究に従事。更年期、妊活、生理不順など、ゆらぎやすい女性の身体のホルモンマネージメントを得意とする。

吉形先生のメッセージはこちら

※掲載している情報は、記事公開時点のものです。

RELATED ARTICLE関連記事

WHAT'S NEW新着記事

    CATEGORYカテゴリー